「あ」で始まる不動産用語

アール

アールを付けるなどの表現で用いる。
円の半径を表す記号rに由来し、曲線や曲面を付けること。

RC

Reinforced Concreteの略で鉄筋コンクリート構造のこと。

IHクッキングヒーター

Induction Heaterの略で電磁誘導加熱のこと。
電磁誘導の作用により、鍋底にうず電流を発生させて鍋そのものを発熱させる加熱調理器で、一般的に電磁調理器ともいう。
直接鍋が熱くなるため、熱効率が良く強い火力が得られる。
また、火を使わないので安全面でも注目されている。

I型キッチン

igata

シンク、作業台、コンロ、冷蔵庫などを一列に並べたシンプルな配置方法で、狭いスペースに向いている。

アイランド型キッチン

island

キッチンの作業台を壁面から分離し、島(アイランド)型に設置したキッチンのこと。
主にオープンキッチンに利用され、作業台を取り囲むようにして複数の人が同時に作業できる。
友達や家族と一緒に料理を楽しみたいというケースにふさわしいキッチン。

アウトフレーム工法

柱や梁などのフレームを室外に出すマンションの建築工法で、アウトポールともいう。
従来の柱と梁で建築物を支えるラーメン構造のマンションでは、柱型や梁型の出っ張りが室内側に出てしまうためデッドスペースが発生していたが、アウトフレーム工法では、室内側に柱型の出っ張りや梁が出ないため、室内空間もすっきりしてスペースを有効に使うことができる。

アウトレット

コンセントや照明器具・配線器具などを接続する電気の取り出し口のこと。
配線用パイプの中間や端につくられる箱で、アウトレットボックスともいう。

青田売り

未完成の宅地あるいは建物の売買等の意味。
トラブルを未然に防ぐため、開発許可や建築確認等の工事に必要な行政の許可を受けた後でないと広告や契約をしてはいけない。

上がり框

玄関に段差が設けられて、腰を下ろす部分にあたる水平材のこと。
高価な材が用いられることが多い。

足元温風器

キッチンや洗面台の足元に収めた暖房器のこと。
足元から温風が吹いてくるので、冬や早朝などの足の冷えに効果的。
電気やガス、温水タイプがある。

足元灯

ashimoto

廊下や階段、寝室などの足元に設置する常夜灯のこと。
夜間、足元を照らして屋内の行動を安全にする。

頭金

住宅購入時に用意する自己資金のうち、購入代金の一部に充当する金銭で、この一部が解約手付とみなされるケースが一般的。物件価格の8割を融資限度額としている金融機関が多く、物件価格の2割相当の頭金を用意する必要があるが、諸条件を満たせば頭金が0~10%でも融資してくれる際もある。

アティック

アティックルーム、グルニエ、ロフト・アティックなどとも呼ばれる屋根裏部屋のこと。
収納スペースとしてだけではなく、子供部屋や書斎、アトリエとして利用されることも多い。

アトリウム

ロビー、エントランスなどに設けた開放的な吹抜け空間のこと。
吹抜け空間の上部にガラスの屋根がかかっていたり、屋内庭園のようになっている。

アフターサービス

建物を売った後の一定期間、分譲会社や仲介会社が構造や設備・仕様の保守点検や修繕等の便宜を図ることを保証するもの。
保証期間中なら無料で修理してくれる。

アプローチ

敷地の入り口から建物の玄関までの通路のこと。マンションの1階入り口付近も、アプローチという。

雨どい

amadoi

屋根を流れる雨水を軒先に集め、地下や下水まで導いて排水する部材。
溝型や管状が多く、銅板や亜鉛鉄板、カラー鉄板、硬質塩化ビニルなどで作られている。
軒先に付ける軒どい、軒先から地上につなぐ竪どい、両者をつなぐ呼びどいまたはあんこうなどに分かれている。

アメニティ

間取りや構造、設備、デザイン、色彩、仕上げ、住環境などの快適さ、便利さ、住み心地の良さの意味。

アルコーブ

alcorp

部屋や廊下など、壁面の一部を後退させて作る窪みや空間のこと。
マンションの際、共用廊下から引き込んだ各住戸の玄関前部分のこと。

あんこう

竪(たて)どいと軒どいの接合部分の金具のこと。
呼びどいともいう。

あんどん部屋

直接外気に接する開口部がない部屋のこと。
採光、通風等の要件を満たせないので建築基準法上の居室とはできず、納戸サービスルームなどと表示される。

アンボンド工法

unbond

床や天井のコンクリートスラブにピアノ線状の鋼材を通し、ギターの弦のように緊張させてスラブを固定させる工法。
スラブを厚くさせる必要があり、その結果、遮音性も高まる。
また、天井の小梁をなくせるため、圧迫感がなく部屋を広く使える。

ページトップへ