「え」から始まる不動産用語

「え」から始まる不動産用語

エクステリア

門・塀・物置・カーポート・サービスヤード等、住宅外周の総称。

SI住宅

Skeleton Infill(スケルトン・インフィル)の略。
スケルトンは建物を支える構造駆体、インフィルは住宅の間取りや内装のこと。
耐久性の高いスケルトンと、容易にリニューアルできるインフィルを明確に分け、時代の変化に対応できるスケルトン・インフィル型分譲マンションが見かけられるようになった。

SRC

Steel Reinforced Concreteの略。
柱・梁など骨組みを鉄骨で組み、その周囲に鉄筋コンクリートをかぶせて一体構造にした鉄骨鉄筋コンクリート造のこと。
強度に優れ、マンションなど高層建築に用いられる。

MB

Meter Boxの略。
電気やガス、水道などのメーターを玄関脇などに集めて検針しやすくしたもの。

L型キッチン

L型キッチン

天板をL字型に曲げ、シンクとコンロを離して配置する方法。
I型キッチンより作業動線が短くてすみ、2人以上がキッチンにいても動きやすい。

L値

衝撃音に対する遮音性能を表す単位。
Lの数値が低くなるほど遮音性能が高くなる。
床や壁から伝わってくる音には軽量床衝撃音=LLと重量床衝撃音=LHがあり、集合住宅ではLL-45が望ましい水準として推奨されている。


軽量床衝撃音=LLは、スリッパで歩いたり、スプーンなど軽い物を落とした時に伝わる音のことで、床の工法や仕上げによって異なる。


重量床衝撃音=LHは、人が跳びはねたり、重い物を落とした時に伝わる音のことで、建物のコンクリートスラブの厚さや面積、工法によって異なる。

LDK

Lはリビング(居間)、Dはダイニング(食事室)、Kはキッチン(台所)のこと。
居間と食事室と台所が一体となった空間をLDK、食事室と台所が一体となった空間をDKという。
例えば3LDKと表示されていれば、3つの居室とリビング、ダイニング、キッチンがある間取りとなる。

エントランス

建物に入る入口(玄関)。
マンションや大きな複合施設等では、玄関広場をエントランスホールともいう。

ページトップへ