「へ」で始まる不動産用語

ペアガラス

複層ガラスの商品名。
サッシにはめ込まれる2枚の板ガラスの間に、乾燥した空気を密封してあるものが多い。
断熱遮音効果が高く、結露防止にも役立つ。

ペアサッシ

二重にしたサッシのこと。
幹線道路に面しているなど、騒音対策が必要な住宅に採用される。

ベイウインドウ

beiuindou

台形に張り出した出窓のこと。
ベイウィンドウなどを付けると、外観上美しく、室内には広がりが生まれ、花やインテリア小物を飾る棚として使える。
張り出した部分に台所や洗面の設備を組み込んだり、窓の下方のデッドスペースにエアコンやデスクなどを内蔵した製品もある。

閉鎖登記簿

土地が合筆されたり、建物が滅失されたときなど、登記記録が閉鎖された際、その閉鎖された登記記録が保存される帳簿(または磁気ディスク)のこと。
こうした閉鎖登記簿は、土地登記簿で50年間、建物登記簿で30年間保存されている。

閉鎖謄本

閉鎖登記簿の写し(謄本)のこと。
現在、登記所の大半はコンピュータ化され、従来の紙の登記簿は、現在では磁気ディスクの登記簿へ置き換えられている。
従来の紙の登記簿は、閉鎖登記簿として保管されており、希望すれば閲覧したり、写し(謄本)の交付を受けたりすることができる。
閉鎖謄本の交付を受けるには、登記事項証明書・登記簿謄本抄本交付申請書の中に、必要事項を記入して提出する。

平面式駐車場

機械式駐車設備を使わず、平面を自動車を運転して出入りできる駐車場のこと。

平面図

意匠図面のひとつで、敷地面積や、専有面積、間取りを把握するのに最も適した図面。
建物を真上から見下ろし、天井より下で、部屋を切り取ったようにして描いたもの。
間取りや各部屋の用途のほか、床高、壁の構造、開口部の開き勝手、主要な設備や造り付け家具などを表示し、主要部の寸法が書き込まれる。
切断面上にない、吹抜けや床下収納、つり戸棚などを破線で示すこともある。

併用住宅

居住のためのスペースと、店舗や事務所など収益をあげるためのスペースが、ひとつの建物の中に並存している住宅のこと。
1階が店舗で、2階が自宅になっているといった建物が典型。

ベークアウト

住宅の建材などに含まれるVOCなどの化学物質を強制的に放散させ、室内の空気汚染物質の濃度を低減する手法のこと。
ホルムアルデヒドやVOCは、温度や湿度が高いほど揮発しやすくなるので、部屋を閉めきって室温30度以上の状態を長時間保ったあとに、換気することを何度か繰り返すことで、VOCの発生量を抑える。

壁心

建物の床面積を測定する際、壁の厚みの中心線を想定し、この中心線に囲まれた面積を床面積とする考え方のこと。
この考え方で計算すると、壁の厚みの分が床面積に加算されるので、実際使用可能な部分の床面積よりもやや大きな床面積となる。
建築基準法では、建物の床面積とは壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の面積であると規定しているが、異なる床面積の測定方法として内法がある。
公的融資を受ける時は壁心による面積、税金の軽減措置に必要な要件は内法による面積なので注意が必要。

壁面線

街区内で家並みを揃え、住環境を整える為に指定される線のこと。
壁面線が指定されると、建築物の壁、柱または高さ2mを超える門、塀は、壁面線を越えて建築してはならない。

壁量計算

壁量は、在来工法で住宅の耐力壁が持っている地震力と風圧力に対する強度の事。
耐力壁の長さに壁倍率(壁の材 質・材厚・緊結方法による係数)をかけて求める。
壁量=体力壁の長さ×壁倍率という式で表すことができる。
建築基準法により、各階の各方向の壁量の和が一定以上である必要がある。

ベタ基礎

建物の基礎の底面全体にコンクリートスラブを敷きつめる基礎のこと。
べたは、建築用語で全面にコンクリートを打設することを意味する。
マット基礎ラフト(いかだ)基礎ともいう。
やや地盤の弱いところでも不同沈下を起こしにくい。
2×4工法やプレハブ工法では、べた基礎が一般的。

別荘

通常は日常生活では使わない自宅以外のものといった漠然とした意味。
地方税法では毎月1日以上の居住の用に供する家屋以外のもので、専ら保養の用に供するものと定義されている。

ペット可マンション

管理規約でペット飼育を認めているものマンションのこと。
ただし体重10kg以内、体長50cm以内といった枠が決められているのが一般的。
建物の入口にペット専用の足洗い場を設けたり、飼い主サークルなどを作っているケースもある。

ペットクラブ

ペット飼育を認めている集合住宅が、管理組合の下に置く組織。
入居者の自主的な運営により、近隣を含めた快適な居住環境を維持するのが目的。
居住者間のコミュニケーションを創造する狙いもある。
一方、トラブル対応の窓口、ルール違反者に対する措置を行う役割も担う。

ベニヤ

木材の単板。
薄板を接着剤で張り合わせたものを俗にベニヤ板とも呼ぶが、正確には合板のこと。
合板や積層材をつくるための薄板、化粧張りを本来はベニヤという。
丸太を回転させながらナイフでむいたロータリー単板(丸はぎベニヤ)、突き板を取るために鋸で挽いたソーン単板(ソードベニヤ)などの種類がある。

ペニンシュラ型キッチン

オープンもしくはセミオープンキッチンに用いられるレイアウト。
作業台の一部または全部を壁から半島状に突き出させる形。
コンロを壁面から離して設けるときは、レンジフードの排気のためにダクトが必要。

ベランダ

住戸の外壁から外側に突き出して作られた露台のこと。
バルコニーとの厳密な差異はないが、一般的にベランダは1階に作られ、屋根があることが多い。

便器

大小便をするための衛生器具。
住宅での主流は洋式腰掛け便器。
男性用小便器(あさがお)、段差のある和式トイレの大小兼用便器(汽車式)などもある。
水洗用便器の洗浄方法は、シンプルで一番普及している洋風便器の洗い落とし式、空気圧を利用して汚水を吸引するサイホン式、渦巻き作用を使うボルテックス式、これらを応用したタイプなどがある。

変更登記

登記簿の表題部に記載されている土地や建物の表示事項に変更があった際に行う登記。
土地の地目に変更があった際は土地地目変更登記、建物を増改築するなどして、構造・規模や使用目的などが変わった際は建物表示変更登記を行う。
いずれも申請義務があり、変更後1か月以内に登記しないと10万円の過料が課せられる。
結婚等で氏名が変わった際の登記名義人表示変更登記は申請義務がない。

便座

洋式腰掛け便器に馬蹄形(U型)や円形(O型)に取り付けられたシート。
普通便座、暖房便座、温水洗浄便座の3タイプがある。
温水洗浄便座には、商品によりビデ洗浄、暖房便座、温風乾燥、脱臭などの機能も付く。
さらに、便座やカバーの上げ下ろしや洗浄操作の自動化など多機能化が進んでいる。
温水の供給は瞬間式と貯湯式、便器一体型と分離型がある。

返済額軽減型

住宅ローンの繰り上げ返済の返済方法のひとつ。
毎月の返済額を減らせる効果がある。
一般的には期間返済型の方が利息軽減効果が大きいが、住宅ローンの返済が厳しく感じる際は、この返済額軽減型を選ぶのも手だ。

返済期間

住宅ローン契約時に決めた、ローン返済終了までの期間のこと。
公庫の際、10年以上1年単位で決めることができ、最長35年まで。
民間金融機関の住宅ローンも、最長35年までのものが多い。
返済期間が短いほど利息をカットでき、総返済額も少なくなるが、月々の返済額は多くなる。
逆に返済期間が長ければ、月々の減殺額は減らせるが、総返済額は多くなる。
一般的には、多くの企業で定年退職となる60歳までに住宅ローン返済が完了するように、返済期間を設定するといいだろう。

返済負担率

住宅ローンを借りるときの収入基準のひとつで、年収に占める年間ローン返済額の割合をいう。
通常は税込み年収をベースに計算される。
銀行では借り手の年収に応じて返済負担率の上限を設定しており、公庫では原則として20%以内。
一般に税込み年収の25%以内が望ましいとされる。
ローン返済率ともいう。

返済方法

元本と利息の返済の仕方によって、元利均等返済と元金均等返済がある。
前者は元金と利息を合わせた返済額が、返済終了まで一定になる返済方法のこと。
後者は元金の返済額だけが一定になる返済方法。
またボーナス月など特定の月に、通常よりも返済額を多くする返済方法もある。

ペンダントライト

pendantoraito

コード、チェーン、ワイヤーなどで天井からつり下げるタイプの照明器具のこと。
用途はさまざまだが、シーリングと同様に部屋全体の照明として用いたり、ダイニングテーブル上をスポット的に照らすなどが一般的。

変動金利

金融情勢の変化によって、返済途中で金利が変わるもの。
金利の見直しは年に2回行われるが、返済額は5年間変わらず、この間、返済額に占める元金と利息の割合が変わる。
金利が下がれば元金の割合が増え、支払い利息総額が減ることになる。

ペントハウス

欧米のマンションやアパートで、最上階に作られる特別仕様の高級な住戸の意味と、建物の屋上に造られた階段室・昇降機塔などのこと。建築基準法では、建築面積の8分の1までの広さのペントハウスは、建築物の高さ及び階数に原則的に算入しないという特例がある。

ページトップへ