「ほ」から始まる不動産用語

ボウウインドウ

ボウウインドウ

弓形に張り出した出窓のこと。

防雨コンセント

雨がかからないよう、コンセント部分を下に向けたり、防雨カバーをつけたコンセントのこと。
屋外の洗濯機、給湯器、ガレージ、電飾看板などの電源として、建物の外側に設置する。

防音サッシ

窓やドアなどの開口部から入ってくる空気音を遮断する高性能サッシのこと。
500Hz以上の中高周波数帯で25dBの音を減らす効果がある。
サッシの気密性が高いほど遮音性も高いため、アルミよりも樹脂の方が、また、一重サッシよりも二重サッシの方が防音効果が大きい。

防火構造

建物の周囲で火災が発生した際、外壁や軒裏の延焼を30分以上防ぐことができる構造のこと。
具体的には、外壁の屋外側を鉄網(ラス)モルタル塗りやサイディング貼りなどにしたり、壁内の間柱や下地に石膏ボードを貼ったり、または準耐火構造などにすること。
都市計画法で定められた準防火地域や防火地域では、防火構造であることが求められる。

防火設備

火災警報機、消火栓、スプリンクラー、防火シャッター、排煙設備、煙感知器、避難階段、救急袋、など、火災が起きた際に炎が回るのを防ぐための設備。
通常の火災による火や熱が加えられた際、20分間(防火区画の際は1時間)は加熱面以外に火災を出さない遮炎性を持っていることと規定されている。

防火地域

都市計画に基づき、火災を防止するため特に厳しい建築制限が行なわれる地域のこと。
地階を含む階数が3以上、または延べ面積が100㎡を超える建築物は耐火建築物とし、その他の建築物は耐火建築物または準耐火建築物としなければならない。

防蟻剤

木造住宅へのシロアリ被害を防ぐために使われる薬剤のこと。
予防剤、駆除剤、予防駆除剤、土壌処理剤などの種類がある。
神経毒性を持つ有機リン系・ピレスロイド系の殺虫剤が多用されるが、シロアリの成長や生殖阻害効果を持つベイト剤などでコロニーの全滅を図る手法もある。

防災街区整備地区計画

火事・地震が発生した際に延焼防止・避難確保のために支障を来している地区について、公共施設などの防災機能を整備しようとする計画のこと。
条件として、用途地域が定められていること、特定防災機能を確保するだけの公共施設がないこと、特定防災機能に支障を来していることが挙げられる。

防水パン

洗濯機を置くために、防水性の高い材料で作った排水口を持つ皿状の受け台のこと。 固定位置で、洗濯機専用の給・排水設備が付いている。
洗濯機を置くための防水パンを洗濯パンという。

防犯金具

ガードプレートやドアボスなど、玄関ドアから侵入する犯罪を防ぐために、錠前と併用して付ける金具のこと。
ガードプレートは、外側からデッドボルトが見える彫り込み錠の際、バールなどによるこじ開けを防いでドアを補強するもの。
ドアボスは、丁番の軸しんを外してドアごと取ってしまうドア外しを防ぐために、丁番側のドアから出っ張った突起部分をドア枠の穴に埋め込んで固定するもの。

防風層

木造一戸建ての通気層工法の外壁などで、通気層に面した断熱材の内部に雨水や外気が侵入しないように設ける層のこと。
通気性がなくて、防水性が高いと同時に、断熱材に含まれた湿度を排出できるように一定の透湿性を持つことが求められる。
通常は、透湿防水シート、シージングボード(軟質繊維板)、薄いプラスチック系の断熱材(ポリスチレンフォームなど)が用いられる。

ボーダークロス

室内クロスのひとつ。
壁面の上部または、中央部にラインがでるようにデザインされたクロス。

ポーチ

建物の屋根とは別の庇(ひさし)を持ち、玄関から張り出している部分を庇型ポーチという。
また、外壁にくぼんだ空間を造り、その内側に玄関ドアを設けた部分を寄り付き型ポーチという。

ホームエレベーター

2階建て、3階建てなどの一般家庭に取り付けるエレベーターのこと。
高齢者や階段の上り下りが不自由な家族がいる際によく設置される。
省スペースやドアの開閉方向を変えられるタイプが登場し、より取り入れやすく進化してきた。

ホームオートメーション

最新のエレクトロニクス技術を導入した家庭用管理システムのこと。
頭文字をとってHAともいう。
外部の電話を使用し、エアコンや電気器具の操作、風呂の給湯、異常時の警報や通報、金融機関との決済、宅配ロッカーの開閉などができる家庭用管理システムのこと。

ホームセキュリティ

ホームオートメーションの一部で、火災やガス漏れ、盗難などから住まいを守る防犯システム。
住宅内に取り付けたセンサーが異常を感知すると、警報を鳴らしたり、契約している警備会社などへ自動通報する。
分譲マンションでは各住戸の防犯装置と管理室の管理パネルを直結して集中管理することが多い。

保温材

建物の床、壁、天井、空調装置のダクト、給湯管などから熱が逃げるのを防ぐための材料のこと。
保温と同時に保冷の機能もあるので、保温保冷材ともいう。
素材は大きく有機質系と無機質系に分かれる。
有機質系は、コルク、毛、軟質繊維板、発泡プラスチックなど。
無機質系は、石綿・岩綿などの天然鉱物、グラスウール・ロックウールなどの人工無機鉱物、珪(けい)藻土・珪酸カルシウムなどがある。
形は板状、フェルト状、筒状など。

ポケットパーク

マンションの敷地内に設置された小さな公園のこと。
遊具を置くほどではないが、子どもの遊び場や住民の憩いの場になる。

歩車共存型

大規模マンションの敷地計画のひとつ。
自動車が駐車場に入る時のアプローチ(車路)と、人がエントランスに行くまでの歩行者路が共通しているケースのこと。
駐車場から住棟のエントランスまでの距離が近く、荷物の出し入れや雨の時などに便利。
安全性に対する配慮が必要。

歩車分離型

大規模マンションの敷地計画のひとつ。
自動車が駐車場に入る時のアプローチ(車路)と、人がエントランスに行くまでの歩行者路が別々になっているケースのこと。
駐車場から住棟のエントランスまでの距離が遠く、荷物の出し入れや雨の時などは不便。
安全性の面では優れている。

保存登記

土地や建物について初めて行う所有権の登記のこと。
所有権の保存登記は、登記簿の甲区に所有権保存 所有者Aのように記載される。
表示登記は義務だが、保存登記は自由。
ただし、保存登記がないと所有権の移転や抵当権の設定などが出来ない。

蛍スイッチ

廊下や階段、玄関、トイレなどで、暗くてもスイッチの位置がわかるよう、スイッチの部分が光っているもの。

掘り込み式駐車場

住宅の敷地が前面道路より1~3m高くなっている際、敷地の一部を掘り込んで作った駐車場のこと。
シャッターを閉めれば、風雨や直射日光から車を守ることができる。

保留地

土地区画整理事業において、換地処分される宅地の、減歩された土地の中で、一般人に売却されて事業資金に充当される部分のこと。

ホワイエ

フランス語でたまり場、団らんの場の意味。
劇場・会議室・ホールなどの入口から観客室に至る広い通路空間で、客の待ち合わせ場所、幕間の休憩や歓談、社交の場として使われる。
ホテルなどではラウンジ、ロビーと称するが、ホワイエも同意。

ボンエルフ

ボンエルフ

住宅地内の道路において、自転車や自動車を低速で通行させるための歩車共存型のコミュニティ道路。
街路を蛇行(クランクやスラローム)させたり、ハンプ(路上の起伏)を付けたりして、通行する車のスピードを抑える工夫をしている。
歩道を設けずに、生活者の快適性や子どもが遊べる安全性の確保と、景観形成が重視されている。

本下水

下水道の処理区域では、汚水を各住戸の浄化槽で浄化する必要がなく、そのまま公共の下水道管(汚水管)へと放流することができる。
このことを、公共の下水道管(汚水管)が完備しているという意味で、本下水と呼んでいる。

本体工事費

本体価格とも呼び、基礎・土台から構造体の工事、内装・外装や設備機器などの材料費・工賃合計のこと。
設備にかかわる工事費用には、ここに含まれないものがある。
屋外1m以上の給排水工事(水道管の引き込みや受水槽の設置)などは除外されることが多い。

ページトップへ