「い」で始まる不動産用語

生け垣

敷地の境界などに、塀の代わりに植える樹木のこと。
低木で形成されることが多く、刈り込みや施肥など日常的な管理が大切になる。
ブロック塀のような冷たさがなく、住宅街に緑の空間を提供できる。

維持管理対策等級

住宅性能表示制度により、給排水管、ガス管の維持管理をするための対策を示す等級。
専用配管と共用配管(共同住宅のみ)とに分けられ、1~3等級で表示される。

委託管理

マンションの管理業務を管理組合自身で行うと手間がかかることから、外部の管理会社に委託する運営方式。
業務全般を任せることを全面委託管理、設備の保守点検、管理員業務など、業務の一部を任せることを部分委託管理という。

板畳

マンションの和室などにある板敷きの部分のこと。
タンスなどの重い家具を置く際に重宝する。

一時金

不動産を賃貸借する際、賃料とは別に借主が貸主に一時的に支払う金銭。
保証金、敷金、礼金、権利金、名義書換料、更新料などがある。
賃貸借契約の終了時に全額または一部を借主に返還されるものとされないものがある。
また、都市再生機構から住宅を購入する時、売買契約を締結して支払う頭金のこともいう。

位置指定道路

建物を建てるために敷地に接して私道を造り、建築基準法上の道路として特定行政庁(都道府県知事や市町村長)が認可した道のこと。

1418

浴室サイズを表す数字で、1317なら130cm×170cm、1418なら140cm×180cmの広さを表す。
1818(180cmx180cm)で1坪。
一般的に1418のサイズがあれば、足を伸ばしてゆったり入れる浴槽が付いており、親子で入浴を楽しむことができる。

一般定期借地権

50年以上の契約期間で借地し、原則として契約の更新や期間延長をせず、契約が終了すれば建物を取り壊し更地にして地主に返還する土地の権利関係のひとつ。

一般媒介契約

不動産の売主が複数の不動産会社に売却を依頼できる媒介契約のひとつ。

移転登記

ある権利を有した人から他の人へ、その権利が移転したことによってなされる登記のこと。
中古住宅や土地を購入する際は、売主から買主に所有権の移転登記を行う。

田舎間(江戸間・関東間)

江戸間、関東間とも呼ばれ、関東を中心とした地方に多い畳の種類のひとつ。
長さ1,760mm×幅880mmで、面積1.54㎡となる。

イニシャルコスト

建物や設備を造るためにかかる投資費用のこと。

囲繞地通行権

他の土地に周囲を囲まれ、公路に直接通じていない土地(袋地)の所有者が、囲んでいる土地(囲繞地)の所有者に承諾を得ずに、その囲んでいる土地(囲繞地)を公路まで通行できる権利のこと。

違法建築物

建築基準法や条例など、許可条件に違反している建築物のこと。
建築物自体が違反している際と手続きに違反している際がある。合法に建築しても、修繕や増改築で違法な状態になった際も違法建築にあたる。

違約金

契約に違反した際、相手方に支払うことを定めておいた金銭のこと。

入母屋屋根

建築物の上方で建物を覆う部分のことで、雨や雪、風を防ぎ、日射を遮る。
建物のデザインや地域性、気候に合わせた形状があり、上部が切妻屋根、下部が寄棟屋根のようになっている屋根のこと。

印鑑証明

印影があらかじめ届け出されたものと同一の印鑑であることの官公署の証明のこと。
法人の代表者等の印鑑は登記所(法務局)、一般個人の印鑑は市町村または区に届け出て証明を受ける。届出の印は実印と呼ばれ、そうでない認印(みとめいん)と区別される。

印紙税

印紙税法上で課税対象となる文書を作成する際に課せられる国税。
契約書に印紙を貼る形で納税する。
住宅購入時には、売買契約書や金銭消費貸借契約書、工事請負契約書などを作成する際に必要となり、契約金額により税額が決まる。

インテリア

室内の内装や家具、装飾のこと。

ページトップへ