「む」で始まる不動産用語

御影石

花崗岩(かこうがん)のことで、神戸市御影が産地として有名だったことから、こう呼ばれる。
耐久性に優れ、硬く、豪華な感じがある。
三和土(たたき)や上がり框などに用いられる。

見込地

農地地域、林地地域、宅地地域などの相互間で、ある種別の地域から他の種別の地域へと転換しつつある地域(見込地域)内に所在する土地のこと。

無垢材

表面を加工したり、集成していない天然の木材のこと。
肌触りがよく柔らかい感触の材料だが、収縮や膨張で変形してしまうことがある。

無権代理

本来、代理権を持っていない人間が、本人に代わって法律行為を行うこと。
その行為の効果は、原則として本人に帰属せず無効となる。
ただし、本人が追認を行った際や表見代理が成立した際は有効となる。

無催告解除

催告をせずに、いきなり契約解除を実行すること。
一般的に、いきなり契約解除すれば、損害賠償請求される際があるが、契約書の中に、違約した際は無催告解除するという特約を入れておくことも可能。

無指定

都市計画区域内ではあるが、用途地域が指定されていない区域のこと。

無断退去

借主が家賃を滞納したまま、貸主に無断で部屋を出て行ってしまうこと。
借主の保証人の了解の元で、荷物を処分し、契約解除に持ち込むのが望ましい。

無断譲渡

借地権を持つ土地の上に自分で建てた建物を、地主に無断で別の買主に売ること。
建物は自分のものといっても、借地上に建てた建物を売ることは、建物だけではなく、土地の借地権も譲渡することになるので、地主の承諾なしにこれを行えば、無断譲渡となり違法となる。

無断転貸

賃貸借契約を結んでいる借主が、貸主に無断で借家を第三者に貸し出すこと。
民法では賃借権の無断譲渡や無断転貸により、借主が第三者に賃借物の使用または収益をなさしめるときは、貸主は賃貸借契約を解除することができるとしている。
ただし、その際でも、第三者が単独で賃借物を使用しているか、借主が賃貸収入を得ているかが前提となっている。

無道路地

道路に全く接しない画地のこと。
無道路地の住人は、公道に出るために、囲繞地を通ることのできる、囲繞地通行権(袋地通行権)がある。
その権利に基づいて公道までの通路を開設することができる。

ページトップへ