「に」で始まる不動産用語

2戸1

連続建て住宅の一種。
本来の連続建て住宅のように、住戸と住戸の間の界壁を共有せず、狭い間隔を置いてそれぞれの住戸に壁を造っているもの。

2戸1エレベーター・2戸1階段

nikoitierebe-ta-nikoitikaidan

同じフロアの隣り合う2つの住戸に1つのエレベーターや階段を設けること。
1つのエレベーターや階段を用いる人数が少ないため、プライバシーを確保できる。
共用廊下がないため、各住戸の両面にバルコニーを設置でき、通風・採光に優れる。

2項道路

建基法42条2項に定められた道路なので、一般的にこう呼ばれる。
みなし道路ともいう。
幅員4m未満でも、1.8m以上あり、昭和25年11月23日以前(この日以降に都市計画区域に指定された区域内の際は、指定の日の前日以前)から建物が立ち並んでいる道路で、特定行政庁が道路として指定したものは建基法上の道路とみなされ、道路の中心線から2m後退したところに道路境界線があるとみなされる。
ただし平成4年の法改正により、特定行政庁が指定する区域内においては原則として幅員6m以上が道路として取り扱われるが、この6m区域指定を受けた際は、道路の中心線から3m(避難や通行の安全に支障がない際2m)が道路境界線とみなされる。
また道路の片側が川や崖等の際は、それらの境界線から4m後退したところが道路境界線とみなされる。
2項道路の広告に当たってはその旨を表示しなければならない。
また、その結果、敷地面積が概ね2割以上減少することとなる際は、その面積も表示しなければならない。

二重サッシ

1つの窓に二重にサッシを取り付けた窓のこと。
防音性と断熱性が高まる。
後付けで内窓を取り付けることでも実現できる。

二重床・二重天井

コンクリートスラブと内装床・内装天井を離して仕上げる工法。
床の工法では、スラブの上に根太や支柱を均等に配置した「置き床工法」、防振材を挟む「浮床工法」がある。
分譲マンションで説明される「二重床」は防振ゴム付の支柱で支える「置き床工法」が主流(さらに防振材で補填するものもある)で、床の間(天井の間)に配管や配線を通してメンテナンス性を高めている。

24時間換気システム

24時間連続して、機械式に換気を行うシステムのこと。
従来は高気密住宅を中心に取り付けられていたが、シックハウス防止を主な目的に、平成15年7月建築基準法改正により、すべての住宅への設置が義務づけられた。

24時間集中管理システム

集合住宅で、火災やガス漏れ、エレベーターの故障などの非常時に備えて、管理員室やセキュリティセンターが24時間体制で監視してくれるシステムのこと。

24時間入浴システム

24時間いつでも浴槽の湯を適温に保ち、汚れた湯を浄化する機能を備えた装置のこと。
水の交換や毎日の掃除をしなくてもすむ。

二世帯住宅

親の世帯と、その子供の世帯がひとつ屋根の下で暮す為に考慮された住宅のことのこと。
玄関や浴室、キッチンなどを共有することも有るが、互いのプライバシーを守る為、玄関を別々に設けたり、それぞれがキッチンや浴室を持つこともある。
マンションにも二世帯住宅を意識した住戸があり、玄関を別々にしているが、互いの住戸を行き来できるドアが住戸内にあって、浴室を共有するなど工夫されている。

ニッチ

廊下やホールの壁をくぼませて作る飾り棚のこと。
ここに花やインテリアを飾ったり、照明を当てたりする。

ページトップへ