「す」で始まる不動産用語

水利権

河川法で規定され、農業用水・上水道・工業用水道などに利用するために、河川・湖沼の水を使用する利用権のこと。

スキップフロア

sukippuhuroa
  1. 住戸内に、中2階のような半階分ずらした居室を設けること。
    住戸内に上下の段差を生じることで、各居室の独立性を持たせる。
    ステップフロアともいう。
  2. マンションなどで、エレベーターの停止階を1~2階おきにする建築方式のこと。
    エレベーターが停止しない階の住戸は、階段を上り下りして住戸に向かう。
    この際、共用廊下を作らなくてよいため、住戸の面積を広げることができ、両面バルコニーも可能となる。
    採光・通風に優れ、独立性が高まりプライバシー確保に有効。

数寄屋造り

安土桃山時代から江戸時代にかけて完成した建築様式のひとつといわれ、桂離宮や修学院離宮は、数寄屋造りの代表例。
書院造りに、茶の湯のための茶席、水屋などが備わっている。

スケルトン・インフィル

SI(住宅)ともいう。
スケルトンとは建物を支える構造駆体のこと、インフィルとは住宅の間取りや内装のこと。
最近では耐久性の高いスケルトンと、住まい手のライフスタイルの変化に応じて容易にリニューアルできるインフィルを明確に分け、時代の変化に対応できる社会的に長持ちできるスケルトン・インフィル型分譲マンションが見かけられるようになった。
またスケルトン方式とは、スケルトンを分譲し、購入者が自由に間取りや内装を決められる方式のこと。

筋かい

地震や大風など横からの力に対して建物の耐力を高めるために、柱と柱の間に斜めに渡す補強材のこと。

スタッコ仕上げ

建物の外壁などの表面にモルタルや合成樹脂を吹き付けて仕上げること。
特殊なこてで塗り付けたり、吹き付けた後、表面が軟らかいうちにローラーで押さえたりして、表面を凹凸のある状態にすることが多い。

ステップダウンフロア

フロアの一部分を下げて空間を演出する方式。
例えば、ダイニングとリビングの境に段差をつけて、どちらかを低くすることで間仕切りの効果を出す。

スパン

構造体を支える柱などの支柱間の距離。
住宅(特にマンション)では、通常各住戸の間口のことを指し、スパンが広く、開口部が大きいほど、採光と通風はよい。

スプリンクラー

火災が発生すると、自動的に散水して消火する設備。
一定以上の大きさのビルやマンションなどには消防法で設置が義務づけられている。

スポットゾーニング

政策目的により、非常に狭い区域・特定の敷地に対し、容積率規制・用途地域のゾーニング規制の緩和などの措置など、周囲と異なる地域性上の地域・地区指定をスポット的に行うこと。

住まいひろがり特別融資

公庫融資制度のひとつ。
本人居住型と親族居住型がある。

  1. 住まいひろがり特別融資(本人居住型)
    生活の本拠としている住宅の他に、週末居住用の郊外型住宅や通勤用の職住近接住宅などのセカンドハウスを新築・購入する際に利用できる。
    住宅の所在地は全国どこでもよい。
  2. 住まいひろがり特別融資(親族居住型)
    親が住むための住宅を、子どもが新築・購入・リフォームする際(親入居型)と、子供が住むための住宅を、親が新築・購入・リフォームする際(子入居型)に利用できる。
    従来の親孝行ローンがこれに変わった。

基本的に公庫融資は、本人の居住が借り入れの条件になっているが、住まいひろがり特別融資(親族居住型)だけは、親のために子が、子のために親が借り入れられる融資である。
融資額は、取得する住宅の種類によってマイホーム新築融資マンション購入融資建売住宅購入融資優良分譲住宅購入融資リ・ユース住宅融資リフォームローンなどと同じ。
ただし、債券加算、はじめてマイホーム加算等は利用できない。

スラブ

本来は英語で石板のこと。
建築用語では、鉄筋コンクリート構造における床板のことをスラブという。
鉄筋コンクリート構造では、スラブは大梁や小梁と一体化して成型される。

スリーブ

冷暖房器具のホースの取り付け口のこと。

スロープ

人や自転車、バイクなどが通りやすいように作られた傾斜した通路のこと。
車椅子を利用している人や足腰の弱っている高齢者が歩きやすいように、公共の建物や住宅のエントランス付近の階段の横にスロープを併設することが多い。

スロップシンク

suroppushinnku

キッチンやユーティリティ、バルコニーに設置する底の深い流しのこと。
泥のついた野菜を洗ったり、スニーカーやぞうきんなどを洗ったり、掃除で使用した汚水を流したり、植木鉢の水やりに便利。

ページトップへ