「わ」で始まる不動産用語

ワーカビリティ

生コンの打ち込み作業のしやすさを表す用語で、施工軟度ともいう。
水分量の多さの他に、コンクリートの流動性、粘り、材料分離への抵抗性など、さまざまな要素が関係する。
軟らかいコンクリートほどワーカビリティが高い。

ワークトップ

天板やカウンタートップともいわれる、キッチンにある作業台のこと。

ワークトライアングル

キッチンの作業動線の善し悪しをチェックするための目安のひとつ。
シンク、コンロ、冷蔵庫の前面中心を頂点とする三角形のこと。
各辺が長すぎると、動きに無駄ができて疲れやすくなり、短すぎると調理や配ぜん、収納などのスペースが足りなくなる。
一般的には三辺の合計が3,600mm~6,000mmに納まるのが適切とされている。

ワードローブ

洋服ダンス、衣装戸棚のこと。

ワイドスパン

住宅においては、間口が広い間取りのことのこと。
70㎡程度の3LDKで、窓のある面の横幅が7~8m以上あればワイドスパンといえる。
日当たりのよい面や部屋を多く取れ、居住性能が高い。

ワイドバルコニー

一般的なバルコニーでは奥行き(出幅)が1.5mほどだが、これを2m前後まで広げたバルコニーのこと。
洗濯物もゆったり干せ、観葉植物なども飾れる。

分かれ

媒介報酬の形態のひとつ。
元付け業者は依頼者(売り主)から、客付けの業者は買い主から報酬を受け取る。

枠組壁工法

構造用合板等を木材枠に釘で打ち付け、壁・床・屋根を形成する工法。
壁そのものが垂直方向と水平方向の強度を持つ特徴がある。

和小屋

屋根の荷重を垂直な小屋束によって支える小屋組のこと。
在来工法の木造建築物や伝統工法で用いられる。

和室床下収納

和室の床下を使用した収納スペースのこと。
床下収納は1階住戸に限られてきたが、2階より上でも和室の床面を30cmほど高くすることで、床下部分を収納スペースとして用いることができる。

割栗石

基礎コンクリートと地盤をつなぐために用いられる、建築物の基礎などに用いる12~15cmほどの砕石のこと。
基礎工事は、割栗石を並べていき、そのすき間を目つぶし砂利と呼ばれる砂利で埋めて、その上からコンクリートを打つことが多い。
もともと地盤が良好な地質の際、割栗石を使わないこともある。

割増融資

公庫融資に設けられている、基本融資額に加えて受けられる融資のこと。
省エネ住宅省エネルギー設備設置積雪地対応住宅工事バリアフリー高規格住宅工事がある。

ワンルームマンション

洋室と小さなキッチン、ユニットバスがコンパクトに設置してある専有面積が20㎡程度のマンションのこと。
単身者用の住宅、小さな事務所などに用いられる。

ページトップへ