住宅「賃貸」マニュアル

物件情報を収集

process01

新聞の折込広告や情報誌などは情報を一目で分かるのが魅力的ですが、現在ではインターネット情報サイトが主流ですね。
希望のエリアや路線など、希望の条件で物件情報を絞り込む事ができて便利です。
そして、掲載されている不動産会社のホームページをチェックするのもお忘れなく。
情報サイトには未掲載の物件情報も掲載されている可能性があり、また資金計画や手続きなど直接相談できるメリットもあります。

物件・現地見学

process03

気になる物件を見つけたら、その物件を取り扱う不動産会社に問い合わせて見学してみましょう。
住宅選びを成功させるには複数の物件を比較する事が大切です。
建物だけでなく、商業施設や教育機関等の周辺環境もチェックしましょう。
事前にチェックシートを用意すれば、見学後に比較検討する際に便利ですね。
見学の際は動きやすい服装や靴で出かけましょう。

申し込み

process02

申し込みの際には、家賃の支払日と入居可能日を確認しましょう。
所定の申込書に必要事項を記入しますが、内容は不動産会社や物件によって異なり、入居者本人の勤務先・勤続年数・年収だけでなく連帯保証人の情報も必要な場合もあるので、事前に用意しておきましょう。
また、身分証や源泉徴収票・納税証明書が入居審査に必要となりますので事前に用意しておきましょう。

契約

process08

重要事項説明書と契約書には聞きなれない言葉が記載されていますが、特に敷金返還にかかわる特約はチェックしなければなりません。
入居者は退去時に原状回復が義務付けられていますが、必要以上の負担を入居者に求めた特約を設けていないか必ず確認しましょう。
また、更新料・更新手数料・保証料・禁止事項・退去予告・緊急の連絡先なども確認しておいた方が良いでしょう。

入居時に確認

subject05

退去時に起こる原状回復によるトラブルが起きないよう、家具を運び入れる前にキズや汚れなどの状況を日付入りで撮影し、問題箇所があれば連絡をしましょう。
また、借りた物件を綺麗に保つ事は入居者の義務ですので、快適に使用するため・トラブルを避けるためにも気をつけましょう。

更新・退去

subject15

賃貸契約期間の更新時期が近づいたら、更新するか退去するかを決めましょう。
退去する場合は、原状回復にかかる費用が大家さんや管理会社によって見積もられるので、現場に立ち会って入居者負担分を確認した方がよいでしょう。
立ち会いが難しい場合は、退去時に撮影しておき、修繕内容の詳細と見積りを出してもらいましょう。

ページトップへ